みなみ北海道


現在のページ:

みなみ北海道HOME > 秋冬のハマるイベント盛りだくさん!! みなみ北海道


秋冬のハマるイベント盛りだくさん!! みなみ北海道秋冬版はこちら→みなみ北海道はハマるイベントがいっぱいです!ハマるイベントみっけチャートであなたにぴったりのイベントを見つけちゃおう!ハマるイベントみっけチャートを表示
ハマるイベントみっけチャート ver.秋&冬太鼓の音が大好きなあなたは・・・ハマる「祭」へストーリー性を重んじるあなたは・・・ハマる「伝統」へロマンチストなあなたは・・・ハマる「イルミネーション」へ食べることが何より大好きなあなたは・・・ハマる「食」へお散歩好きなあなたは・・・ハマる「紅葉」へ冬の遊びに積極的なあなたは・・・ハマる「雪」へ
ハマる「祭」
豊穣の秋に感謝の気持ちを込めて。煌びやかな山車に祭り囃子に心踊る祭りは、どれも個性派揃いです。

せたな町

9月9日(宵宮)
~10日(本祭)

事比羅神社例大祭

イメージ

各地区の色とりどりに装飾された山車が、華やかさを競いながら町内を練り歩きます。途中で披露される踊り子の踊り、太鼓のお囃子はこの日のために稽古を積んだものです。

最後に全ての山車が三本杉岩前に集合!祭り囃子とともに若者たちが汗を流して太鼓を乱れ打つ馬鹿囃子は迫力満点です。

せたな町

9月14日(宵宮)
~15日(本祭)

真駒内神社例大祭

イメージ

五穀豊穣を祈るお祭り。勇壮なお神輿、各地区から出される山車が踊りを披露しながら町内を練り歩きます。夜は山車が集合し各地区のプライドをかけた『太鼓合戦』!これは必見です。

地揺れがするほどの盛り上がりでお祭りは最高潮に達します。このお祭りをお手伝いしてくれる体験観光も実施中(要予約)!

今金町

9月19日~21日

今金八幡宮例大祭

イメージ

今金八幡宮の「いまかね秋まつり」。威勢のよい掛け声と共に華やかな山車が町内を練り歩き、豪快な「けんか太鼓合戦」が響き渡ります。

↑ページのトップへ

ハマる「伝統」
華やかな時代の姿を今に伝える大名行列、歴史ある神事など、見応え満点の伝統的な祭は一見の価値ありです。

奥尻町

9月上旬

歩いてみる会

イメージ

「からだに良いことをしてみる一日」というテーマのもと、島内のフットパスを歩きます。お子様から年配の方まで気軽に参加可能で、フットパスを歩いて奥尻の魅力を再発見しましょう!コースを歩いた後は、地元のお母さん手作りのカレーライスに舌鼓。地元の野菜市や俳句DE島歩きなどの企画も同時開催。温泉までの無料送迎バスも用意しているので、疲れた体を温泉でリフレッシュ!

上ノ国町

9月中旬

上ノ國八幡宮例大祭

イメージ

江戸時代中期以来の伝統を誇るこのお祭りでは秋風がそよぐころ、祭囃子が鳴り響き、山車、御徒士(おかち)行列が町内を練り歩きます。

中でも御徒士行列は、松前藩が、上ノ国に敬意を表し、お祭りの時にだけ武士の格好になることを許した事に由来すると言われています。

福島町

9月中旬

福島大神宮例大祭

イメージ

古式ゆかしい大名行列や四ヶ散米(しかさご)行列・奴行列は見る人々を時代絵巻へ誘います。行列の後ろには各町内会の山車が連なり、祭りを盛り上げます。

江差町

9月第3金曜~日曜

江差追分全国大会
江差追分熟年全国大会
江差追分少年全国大会

イメージ

江差追分日本一を目指し、全国から選び抜かれた江差追分の唄い手約400人が集い、日本一のノドを競い合う、追分の本場江差ならではの一大イベント。日本を代表する民謡の王様と云われている江差追分は、北海道遺産にも認定されており、昭和38年に第1回が開催された、民謡の全国大会としては最も歴史ある大会です。

木古内町

1月14日~15日

寒中みそぎ
フェスティバル

イメージ

木古内町佐女川神社の伝統的神事「みそぎ祭」に合わせて開催されるイベント「寒中みそぎフェスティバル」。みそぎ祭観覧者の身体を温める鍋や御神酒が振る舞われる他、みそぎ行列や富まき、福引き抽選会などが行われます。

江差町

2月1日~28日

たば風の祭典

イメージ

1年を通して寒さが一番厳しい2月に吹く北北西からの季節風”たば風”に、負けないようにとはじめられた祭典。体を動かす「王様殿様お守りどっち?ボール大会」や「江差追分セミナー」「ひのきコンサート」「江差焼き展示」など江差文化を体感できるさまざまな楽しいイベントが1カ月に渡り開催されます。

↑ページのトップへ

ハマる「イルミネーション」
澄んだ空気に凜とした光を放つ冬のイルミネーションは、なんともロマンチックです。

函館市

12月1日~25日

はこだて
クリスマスファンタジー

イメージ

姉妹都市である、カナダのハリファックス市から贈られた、幸せのもみの木が函館の海の上に浮かぶ。

約5万個のイルミネーションに飾られた巨大クリスマスツリーが、赤レンガ倉庫群前の海上を華やかに彩り、函館がクリスマスムード一色になる。期間中の金土日、及び祝日にはスペシャルイベントも用意される。

函館市

12月1日~2月末日

五稜星(ほし)の夢

イメージ

北海道唯一の特別史跡「五稜郭跡」の堀の周囲1.8kmに沿って約2,000個の電球を設置したイルミネーションにより、闇の中に五稜郭が「地上に降りた大きな星」として美しく浮かび上がる。

ボランティアによる「市民参加」の手づくりが特徴。

函館市

12月1日~2月末日

はこだて
イルミネーション
(はこだて冬フェスティバル)

イメージ

「光に包まれた愛の街・函館」をテーマに、教会や歴史的な建物が立ち並ぶ異国情緒あふれる元町地区の街並みと坂という素晴らしいロケーションをより一層生かして、元町の代表的な坂道が約5万個のイルミネーションで輝き、光の回廊で函館の夜が美しく彩られる。元町地区の坂の並木に飾られるイルミネーションがロマンチックな函館の冬の夜を演出。

長万部町

12月中旬~2月中旬

ファンタジック
おしゃまんべ

イメージ

冬の長万部を代表するイベント。高さ12mのトド松に1万5千個の電飾を取り付けたメインイルミネーションはとてもきれい。

JR長万部駅を通過する列車からもばっちり見えます。クリスマスからstバレンタインデーまでのロングラン開催です。

せたな町

2月初旬

ファンタジーキャンドル

イメージ

久遠漁港入り口から、本陣川までの道々沿いの両端にキャンドルが灯されます。ローソクにカバーをつけて色鮮やかに演出。真冬の夜の風景に優しい灯りがとても映えます。見に来てくださったお客様には毎年恒例、大好評のごっこ汁を振舞います。ごっこ汁で体を温めながらキャンドルの灯りが眺められるのも魅力です。

函館市

2月1日~7日

はこだて
「光の小径(こみち)
(はこだて冬フェスティバル)

イメージ

観光で訪れる人々と函館市民の手作りによるワックスキャンドルを元町地区など市内各所に配置し、光の回廊で幻想的な雰囲気に包み込む、はこだて「光の小径」。ワックスキャンドルのほのかな光で繋がれた街並みは、見る人の気持ちを温かく、感動に包みこまれること間違いなし。

↑ページのトップへ

ハマる「雪」
真っ白な雪、きらめく氷…。ウインターシーズンを思いっきり満喫するイベントは、温かい食べ物も魅力の一つです。

福島町

2月上旬

どすこい雪まつり

イメージ

ジュース早飲み大会・雪上相撲大会等の各種催事を行います。また、催事内のビンゴ大会はメインイベントとして豪華景品が当たるビックチャンス!ほかにも、会場内には雪でつくった巨大すべり台もあり、子どもたちの人気アトラクションとなっています。

八雲町

2月上旬

八雲さむいべや祭り

イメージ

100m超えの氷の滑り台やスノーマンコンテスト、スノーモービル列車「白熊号」運行など、楽しいイベントが盛りだくさん。

また、地元の美味しい食材を利用したバザーで手づくりの味、あたたかい食べ物もあるので家族みんなでお楽しみいただけます。

七飯町

2月第1土曜・日曜

大沼函館雪と
氷の祭典

イメージ

大沼函館雪と氷の祭典では「ジャンボすべり台」に、「雪像、氷像、氷のモニュメント、かまくら」が勢揃い! チャリティーショーにフリーマーケットも開催されます。冬の大沼は、思いっきり楽しい、雪と氷の遊園地です。

今金町

2月第2日曜

今金町ふれあい
スポーツ交流会

イメージ

冬のイベントとして、歩くスキーを通じて町内外の愛好者との交流を図り、雪に親しむことを目的として開催しています。

↑ページのトップへ

ハマる「紅葉」
赤や黄色に色づいた木々の葉を愛でながら、出店巡りも楽しいもの。ライトアップはとても幻想的です。

北斗市

9月下旬

北斗市商工観光
まつり in 八郎沼

イメージ

紅葉がとても素晴らしい八郎沼公園で毎年開催されます。商工会主催で、商工会員等による出店、特設ステージでの歌謡ショーや、ちびっこたちが大盛り上がりのキャラクターショーが行われ、大勢の見物客で賑わいます。

函館市

10月下旬~11月中旬

はこだてMOMI-Gフェスタ

イメージ

北海道唯一の国指定文化財庭園 名勝「旧岩船氏庭園(香雪園)」の紅葉をライトアップ。

人気の散策路「カエデ並木」のヤマモミジやイタヤカエデが美しく夜空に映えます。ライトアップ期間中は、ミニライブ、展示、体験会など、楽しいイベントも開催される。

↑ページのトップへ

ハマる「食」
大地の恵みが豊富な秋、魚介が美味しい冬。マチの特産品はもちろん名物料理も楽しみです。

森町

9月第3日曜

さわらふるさとまつり

イメージ

有名歌手が登場する歌謡ショーをメインイベントに、郷土芸能披露や中学生の吹奏楽などのステージショーのほか、会場内では、地元農産物や、水産加工品等の特産品の格安販売が行われます。

カジカ汁の無料配布コーナーやバーベキュー(要予約)も実施。『食欲の秋』を満喫することができます。

松前町

9月第4土曜・日曜

松前マグロまつり

イメージ

全国ブランド化された「松前本マグロ」の解体ショーや即売会などが行われます。

「食」「文化」「歴史」を堪能していただくことができる、春のさくらまつり、夏の城下時代まつりに次ぐ秋の一大イベントです。

乙部町

9月(秋分の日)

縁桂森林(もりもり)
フェスティバル

イメージ

毎年、秋分の日に富岡地区にある縁桂森林公園で、縁桂森林フェスティバルが開催されます。会場では、農産物の抽選会や、各種ゲーム、富岡で収穫された農産物の格安販売が行われます。食事会もあり、じゃがいも・かぼちゃの塩煮が無料で振舞われるほか、ジンギスカンセットを購入し、炭火コーナーで食べることもできます。

上ノ国町

10月第1日曜

上ノ国町産業まつり

イメージ

上ノ国町内の農家、漁師の方々の自慢の素材が集まるお祭りで、農産物、海産物の直売会の他、抽選会、ビンゴゲーム、サケのつかみ取りなど、各種イベントも行われます。

せたな町

10月中旬

せたな町産業フェスタ

イメージ

海の恵みも山の恵みも、大地の恵みも豊富にそろうせたな町の収穫祭です。生産者のみなさんが収穫の喜びでいろいろな品を大判振る舞いします。

せたなの特産品を目で見て舌で味わって楽しむことができるイベントです。

知内町

10月下旬

産業まつり

イメージ

知内町民センター駐車場にて開催されるイベントです。

秋鮭・新米など、秋ならではの知内の特産品の販売や、木工品製造業も盛んな知内町の木工加工品販売、鮭チャンチャン焼きなどの格安販売(メニュー変更の場合あり)、特産品たたき売りなど楽しいイベントがめじろおし!

木古内町

11月上旬

ふるさと産業まつり

イメージ

木古内町の農林水産商工業が一堂に会し、新鮮な海の幸、山の幸をはじめとする特産品などを格安で提供します。ステージイベントや様々な特産品が当たる抽選会も行われ、会場は大勢の人でにぎわいます。

北斗市

11月3日

北斗市
茂辺地さけまつり

イメージ

鮭の遡上がみられる茂辺地川で、昭和57年から行われている秋のイベントです。鮭のつかみどりなど参加型ゲームもあり、毎年大変にぎわいます。地元で捕れた鮭やホタテなどの新鮮な魚介類の販売はもちろん、地元の農家による白菜や大根、長ネギなどの野菜の販売もあります。また無料でふるまわれるさけ鍋も大変人気があります。

森町

4月~12月の
毎月第1日曜
(変動又は休会あり)

楽市楽座もりまち
食king市

イメージ

JR森駅前の御幸大通りを歩行者天国として、とれたて新鮮な自慢の海の幸、山の幸、各種加工品を特別価格にて、ご提供いたします。

時には、限定商品が驚きの価格で登場するのでお楽しみに。

上ノ国町

1月第4日曜

食遊祭(しょくゆうさい)

イメージ

上ノ国町で捕れた海の幸、山の幸が自慢の料理に変身する食の祭典です。

開催時間は午前10時から午後2時まで。うまいものコンテストやお楽しみ抽選会もあり、盛りだくさんのイベントです。

江差町

2月第2土曜・日曜

冬 江差“美味百彩”
なべまつり

イメージ

2月中に開催される「江差たば風」のメイン行事。冬の味覚といえば「鍋」。ゴッコ汁に鮭やタラの三平汁、ホッケのすり身汁、クジラ汁など道南に古くから伝わる懐かしい鍋、40種類以上が勢揃い。江差自慢の鍋料理が堪能できます。郷土芸能、お楽しみ抽選会、お汁粉サービスなどもあり、心も体も温まる楽しいイベントです。

鹿部町

2月中旬

鹿部町特産品フェア

イメージ

鹿部町の特産品を一堂に集め販売!目玉は、11月~1月に漁獲されたスケソウダラの卵を地元の水産加工場で加工した、出来立てたらこの格安販売。

また、たらこ以外の商品も多彩に取り揃えています。

知内町

2月下旬

しりうち味な合戦、
冬の陣
「カキvsニラまつり」

イメージ

テーマは名産の「カキ」と「ニラ」。この時期に旬を迎えるカキとニラを使った創作料理の販売や、知内町特産品の特価販売、焼きガキのコーナーなど、楽しい企画が盛りだくさん!

イベント参加者は年々増え、遠方からの参加も多く、今では町を代表するまつりのひとつに数えられています!

※イベントの日程及び内容につきましては、変更となる場合もございますので、あらかじめご了承願います。

↑ページのトップへ