みなみ北海道


現在のページ:

みなみ北海道HOME > 春夏のハマるイベント盛りだくさん!! みなみ北海道


春夏のハマるイベント盛りだくさん!! みなみ北海道秋冬版はこちら→みなみ北海道はハマるイベントがいっぱいです!ハマるイベントみっけチャートであなたにぴったりのイベントを見つけちゃおう!ハマるイベントみっけチャートを表示
ハマるイベントみっけチャート ver.春&夏お花見命のあなたは・・・ハマる「桜」へ乙女なあなたは・・・ハマる「花」へ健康第一のあなたは・・・ハマる「運動」へ夏の夜が呼んでる気がするあなたは・・・ハマる「花火」へ「粋」「魂」の言葉が大好きなあなたは・・・ハマる「祭」へ幻想的な風景にあこがれるあなたは・・・ハマる「炎」へ食いしん坊なあなたは・・・ハマる「食」へ歴史好きなあなたは・・・ハマる「伝統」へ
ハマる「桜」
北海道の中で最も早く訪れる春を追いかけて、ぜひみなみ北海道へ。満開の桜とぽかぽかの太陽が待っています。

松前町

4月29日~
5月第4日曜

松前さくらまつり

イメージ

桜の名所100選に選定されている松前公園には約1万本250品種の桜が生息し、4月下旬から5月下旬までの1ヶ月間にわたり、早咲き・中咲き・遅咲きと「時差開花」し競演の様子を見ることができます。津軽海峡を眺めながら見る桜は圧巻です。期間中は、武者軍団パレードや郷土芸能の披露などのイベントが繰り広げられます。

森町

5月3日~
5月第3日曜

もりまち
さくらまつり

イメージ

大正3年開設の歴史ある青葉ヶ丘公園をメイン会場として、桜の最盛期に約2週間に渡り、有名歌手の登場する歌謡ショーをメインイベントとして行います。公園内には、樹齢100歳を超えるソメイヨシノも数多くあり、春には元気に花を咲かせます。公園内には、『森小町』『青葉枝垂』といった、世界に1本だけの桜もあり、観光ボランティアガイドの会員が、森町の桜をガイドしております。

北斗市

5月上旬

北斗陣屋
桜まつり

イメージ
北斗市の桜の名所である国指定史跡松前藩戸切地陣屋跡を会場に、5月上旬のサクラの開花に合わせ、毎年開催されます。輪踊りや歌謡ショーなどの多彩なイベントはもちろん、屋台なども出店され、大勢の花見客で賑わいます。

知内町

5月上旬頃

さくらまつり
青空市

イメージ

毎年ゴールデンウィーク頃に2日間の日程で開催する、春の人気イベント。「道の駅しりうち物産館」前にて、ニラやホタテなど町の特産品を格安で販売します。目玉イベントは、取れたての牡蠣をその場で焼いて食べる「焼きガキコーナー」や「知内大鍋」の格安提供。さらに多数の出店もあり観光客にも好評です!

厚沢部町

5月第2日曜

館城公園まつり

イメージ

サクラが咲く館城公園に人々が集います。広い園内ではまつりの他に花見、少年剣道大会、民謡舞踏(鹿子舞)ショー、もちまきなど様々なイベントが行われます。

↑ページのトップへ

ハマる「花」
緑が萌え、花が一斉に咲き乱れるみなみ北海道の初夏。
色とりどりの花の美しさに癒されます。

せたな町

5月第1日曜
(公園は随時開放中)

玉川公園
水仙まつり

イメージ

30種類30万株以上の水仙が咲き誇る玉川公園でのイベントです。時期があえば桜のピンクと水仙の黄色、白色のコントラストも楽しめます。イベントでは地元高校生による吹奏楽の演奏や郷土芸能である太鼓の演奏、歌謡ショーや餅まき等が実施されます。また同日はロードレース大会も開催予定。玉川公園フットパスコースも開設予定。お花を愛でながら玉川公園を拓いた丹羽五郎の足跡をめぐることができます。

木古内町

5月上旬~5月中旬

サラキ岬
チューリップフェア

イメージ

幕末に活躍した咸臨丸が眠るサラキ岬では、毎年約5万球のチューリップが色鮮やかに咲き乱れる5月、チューリップフェアが開催されます。地場産品を販売する「ふるさと物産展」や「桂岳ウォーキング」が行われるほか、メインイベントの「チューリップ祭り」で実施されるステージイベントや花見会も楽しみ満載です。

今金町

5月中旬

春らんまん
花いっぱい

イメージ

花を通じて明るく楽しい町づくりを目指し、会場を艶やかな花で彩り、ポット苗の販売、ビンゴ大会、飲食コーナー、縁日コーナーなど、大人から子供まで楽しめるイベントを企画しています。花いっぱいで皆様をお待ちしています!

上ノ国町

6月第3土曜・日曜

夷王山まつり

イメージ

夷王山のツツジが満開になるころに開催されるイベント。土曜日は宵宮祭、たいまつ行列が、日曜日には夷王山周辺を会場に歌謡まつり・ばん馬大会・歴史探訪&ウォッチング&ウォークラリー等、参加型のイベントを数多く実施しています。

↑ページのトップへ

ハマる「運動」
体を動かして楽しむイベントは実に爽快。あなたは参加派?見物派?いずれにしても楽しいものばかりです。

福島町

5月第2日曜(母の日)

北海道
女だけの相撲大会

イメージ

毎年5月の母の日に福島大神宮境内鏡山公園で行っている女性だけが参加できる相撲大会です。全国各地から参加者が集い、ユニークかつ迫力ある取組を見ることができます。また、名物行司の馬躰馬之助の軽妙なトークや、ユニークな四股名も見どころとなっています。

長万部町

5月中旬

写万部山 山開き

イメージ

標高は498mと高くはないが、晴れればふた海(日本海・太平洋)を眼下にできる眺めは最高!

登山の後登山口ではワンコイン(500円)でジンギスカンが楽しめます。

↑ページのトップへ

ハマる「花火」
満天の星空に大輪の花火。
雄壮な山をバックに、また海に映る姿も素敵な夏の思い出です。

北斗市

7月下旬

北斗市夏まつり

イメージ

北斗市最大のイベントです。山車行列やちびっこたちの民謡に加え、ダンスやライブ、歌謡ショーなど盛り沢山の内容となっています。最後のメインイベント花火大会では、上磯漁港から800発の花火が打ち上げられ、華やかなフィナーレを飾ります。

函館市

8月1日~5日

函館港まつり

イメージ

昭和10年の大火で意気消沈した市民を復興に向けて奮い立たせようと始まった函館最大の祭り。メインイベントは1日の道新全国花火大会、2日、3日の「ワッショイはこだて」は大変な人出で盛り上がり、5日は駅前通りの歩行者天国でいか踊り大会など。市電に電飾をあしらった花電車やたくさんの露店が軒を連ねる縁日も出て、期間中は市内全体が祭り一色になります。

松前町

8月13日~15日

松前城下時代まつり

イメージ

伝統の山車行列、盆踊り・花火大会など見どころは満載!

さらに、全国でも珍しい鎧兜を身にまとい、バイクを馬に見立てて町内を疾走するバイク武者軍団は是非ご覧あれ!

松前の歴史漂うまつりをご堪能ください。

知内町

8月14日頃

サマーカーニバル
in 知内

イメージ

知内川河川敷特設会場で行われる、知内町恒例の夏祭り。多彩なイベント(パークゴルフ大会・カラオケ大会・演劇ライブイベント・・・etc)と花火大会が、知内の夏を彩ります!

お子様からお年寄りまで、町内外から沢山の人で賑わう名物祭りです。

乙部町

8月14日

ふれあい交流
盆おどり&花火大会

イメージ

乙部漁港で盆おどりと花火大会が楽しめるイベントです。

漁火と山車の電飾が夜の乙部漁港を明るく照らし出す中で、乙部音頭などの曲に合わせて盆おどりを楽しみます。地元の皆さんとともに観て踊って楽しめるイベントです。

鹿部町

8月第3土曜

しかべ海と
温泉(いでゆ)の
まつり&花火大会

イメージ

海と温泉の町・鹿部町最大の夏イベント。大型液晶テレビや人気ゲーム機本体など豪華景品の当たるビンゴ大会や生きた魚などを見たり触れたりできる『ふれあい水族館』など、楽しい企画がもりだくさん。祭りのクライマックスを飾る大花火大会は、道内トップクラスの約2,500発。超特大スターマインが夜空と漁港水面を鮮やかに彩り、漁港のすぐ前で打ち上げられる花火は豪快そのものです。

↑ページのトップへ

ハマる「伝統」
歴史あるマチが集まるみなみ北海道。伝統を大切に受け継ぎながら、現代の感覚をプラスした魅力的なイベントが目白押しです。

江差町

5月上旬

春の江差
いにしえ夢開道

イメージ

「江差の五月は江戸にもない」と言われるほどの繁栄を誇ったいにしえの江差。そんな時代を思い起こそうと地場産品や地域資源の活用を図りながら歴史的・文化的遺産やいにしえの街並みを生かした個性的で活力溢れるイベント。大きな特徴は、いにしえ街道沿いの民家も参加し、観光客とのふれあいを広げていること。手ほどき工芸館や陶芸展、絵画展、夢作ライブ、江差朝市・新鮮組、いにしえ茶屋など魅力的な企画がいっぱいです。

函館市

5月第3土曜・日曜

箱館五稜郭祭

イメージ

箱館戦争の舞台となった五稜郭にまつわる歴史を後世に伝えるお祭りです。当時の衣装を身にまとって街を練り歩く「維新パレード」や「開城セレモニー」、模擬戦の披露は迫力満点です。年齢性別を問わず全国各地からの参加による「土方歳三コンテスト大会」や「碑前祭」など多彩な催しが開催されます。

奥尻町

6月22日・23日

賽の河原祭

イメージ

道南五霊場のひとつである島の北端・稲穂岬にある「賽の河原」で行われる、海難犠牲者、幼少死亡者などの冥福を祈る慰霊祭です。

奥尻三大祭のひとつでとうろう流し、子ども相撲大会、ビンゴ大会(有料)など参加型の行事が行われます。

函館市

7月上旬?8月上旬

市民創作
函館野外劇

イメージ

五稜郭公園特設会場。函館の風物詩として定着している市民手作りの野外劇です。函館の歴史をテーマにしたスケールの大きな舞台が見られます。

七飯町

7月最終土曜・日曜

大沼湖水まつり

イメージ

1906年から始まる大沼の夏の風物語として親しまれている大沼湖水まつりは、慰霊祭を行い、大沼湖面に多数の灯ろうを浮かべ、水難者、新亡者、先祖供養を行う伝統的な祭りです。幻想的な灯ろう流しをはじめ、花火大会や子供向けイベントなど、家族で楽しめる各種催しがいっぱいです!

↑ページのトップへ

ハマる「食」
とれたて、出来立て、格安は当たり前。海の幸、山の幸に恵まれたみなみ北海道の食があなたを虜にします。

鹿部町

3月上旬

鹿部美味
ほたて三昧と
温泉満喫DAY

イメージ

大和リゾートホテル「鹿部ロイヤルホテル」前特設会場で、旬の「二年貝ほたて」を素材とした「食う」、「買う」、「温泉」が魅力の鹿部を満喫してください。鹿部町の漁港で水揚げされたばかりの新鮮な活ほたての炭火焼きが食べ放題!また、温泉無料入浴券付きで、旬・新鮮二年貝活ほたてを格安直売価格で販売します。

せたな町

ゴールデンウィーク中

ゴールデンウィーク
臨時売店

イメージ

ゴールデンウィーク期間中に出展する、道の駅てっくいランド大成にて臨時売店。雪も融け、車・バイクでドライブ・ツーリングを楽しむのにうってつけの季節に、大成区の海の幸を格安で提供しています。ホタテ焼き・青柳焼き・いか焼き・いか飯など、大好評のメニューの数々を楽しんでください。

奥尻町

5月1日

おくしり
しまびらき

イメージ

奥尻島の観光シーズンの幕開けを告げるイベント。恒例の「振る舞い元祖三平汁」や、島食材の提供。初めての方でも楽しめる「奥尻しりふり音頭」、島の特産が当たる「島ダーツ」&「お楽しみ抽選会」などのプログラムを用意しています。

八雲町

5月第3日曜

熊石あわびの里
フェスティバル

イメージ

青少年旅行村を会場に、特産のあわびを2万個以上使用する食の大イベント。生あわび丼、あわびカレーなどのほか、あおやぎ貝、ホタテなどの各種海産物も販売し、その場で焼いて食べられる。熊石の海洋深層水を使った各種商品も格安で販売されます。ビンゴゲームなど趣向を凝らしたゲームや歌謡ショーなどを観ながら会場でグルメなひとときを堪能できます。

長万部町

6月最終土曜・日曜

おしゃまんべ
毛がにまつり

イメージ

町のメインフェスティバル。長万部ならではの「毛がに早食い競争」は大人気。「かにめし弁当」も集結。大鍋で豪快にゆでた毛がにをその場で販売する「浜ゆで毛がにの激安販売」など、毛がに尽くしのイベントです。

江差町

7月第1金曜

活! 江差海鮮
みなとイカ刺し祭り

イメージ

日本海の沖合に漁火がともる季節、江差の港に活気を呼ぶのが名産のイカ。その旬のイカを堪能できる夏祭り。主役のイカは釣ってきたばかりの活モノ。その場で浜の母さんたちがイカ刺しにして提供してくれます。郷土芸能、イカ釣り体験など楽しみながら、透き通った新鮮な活イカを思う存分味わって。他にもアオヤギ・ひらめ・紅ずわいなどたくさんの江差の海鮮も楽しめます。

今金町

7月下旬

ピリカまつり

イメージ

クアプラザピリカ、美利河ダム、ピリカ遺跡を会場に、今金産黒毛和牛や野菜などの特産品の販売、熱気球体験、木工体験、釣り体験、石器づくり体験など楽しいイベントが盛りだくさんです。

厚沢部町

7月第4土曜

あっさぶ
ふるさと夏まつり

イメージ

メークイン発祥の地、厚沢部町最大のイベント。厚沢部町役場前駐車場をメイン会場として実施される祭りで、世界一の巨大コロッケを大型クレーン車を使って会場で揚げたり、世界のクワガタとカブトムシ展や鮎の塩焼き販売、歌謡ショー、新鮮野菜の特売と地元産本格焼酎「喜多里」の試飲会等、数多くのイベントが開催されます。

せたな町

7月最終土曜

がっぱり海の幸
フェスタ in
わっためがして大成

イメージ

自慢の海の幸の数々を調理も加え提供。人気の「海の幸炭焼きコーナー」では、各売店で販売している海の幸をその場で新鮮なまま炭焼きにして食べることができます。

地元の北海久遠太鼓、久遠神楽の披露などもお楽しみいただけます。

福島町

8月13日

やるべ福島
イカまつり

イメージ

お盆の帰省時期に合わせて開催されるイベント。

この時期は九重部屋の夏合宿も行っており、イベントでは九重部屋力士も一緒に参加してまつりを盛り上げます。また、イベントの最後には夏の夜空を彩る海峡花火大会も行われます。

乙部町

8月上旬

おとべ温泉&
産業まつり

イメージ

館浦地区にある乙部温泉郷で催されるイベントで、歌謡・民謡ショーや千人踊りパレード、もちまきや、特産品の展示即売が行われる他、町内にある温泉が無料で入浴できます。(無料で入浴できる時間は各施設異なります。)

奥尻町

8月最終土曜

なべつる祭

イメージ

奥尻のシンボル、なべつる岩が見える奥尻港湾特設会場で行われる奥尻三大祭のフィナーレを飾る産業祭りです。地元の海産物や奥尻和牛が格安販売されます。その他、歌謡ショーや、豪華景品があたる各種ゲームなどが開催されます。

↑ページのトップへ

ハマる「炎」
炎の明かりが辺り一面を幻想的な雰囲気へと誘うひととき。
ほかでは体験できない特別な時間を楽しんでください。

せたな町

8月第1土曜・日曜

せたな漁火まつり

イメージ

せたな町真夏の最大級イベント!売店ブースではウニの殻にてんこ盛りのウニを詰め込んだ『ウニ爆弾』をはじめ、せたな町の特産品や特産品を使用した美味しい品がならぶほか、活イカ・ホタテ釣堀などアクティビティも満載。ステージでも歌謡ショーや豪華賞品のビンゴ大会を開催。夜に行われる花火大会は檜山管内最大級!打上げ場所も近いために大迫力で楽しめます。

上ノ国町

8月14日

エゾ地の火まつり

イメージ

お盆の時期に毎年開催される、上ノ国町を代表する一大イベントです。道南の名川「天の川」のほとりの特設会場で龍焔太鼓や「日本海たいまつ明かし」赤々と燃える高さ5mの巨大たいまつとの幻想的なコントラストが圧巻の「ドラゴンファンタジー」(花火大会)では盛大な花火が打ち上げられます。

函館市

8月第3土曜

函館湯の川温泉
いさり火まつり

イメージ

300年以上の歴史を有する湯の川温泉を会場に、いさり火献湯行列、灯籠流し、温泉奉納式などが行われます。沖合の漁り火を背景に打ち上げられる花火大会もあり、函館の夏の終わりを飾るお祭りです。

↑ページのトップへ

ハマる「祭」
太鼓に御神輿、出店…。わくわくがいっぱいのお祭りは、そのマチならではのユニークな催しに注目です。

せたな町

6月27日・28日

太田神社例大祭

イメージ

道内5大霊場の一つで、その本殿までの険しい山道で有名。例祭では、多くの参拝者でにぎわいます。

ゲーム大会、郷土芸能、歌謡ショー、花火大会などの多くの催し物も楽しむことができ、険しい山道での疲れもいえるお祭りです。

八雲町

7月第1金曜・土曜

八雲山車行列

イメージ

北海道三大あんどんまつりに数えられているイベント。町民手づくりのあんどん山車が市街地を練り歩きます。

あんどんの形や大きさも様々で、中には、からくり仕掛けのあるあんどんなど、工夫を凝らした山車が賑やかなお囃子や踊りとともに、八雲の初夏の夜空を彩ります。

江差町

7月第1土曜・日曜

江差かもめ島まつり

イメージ

江差のシンボルかもめ島で開催される祭典。前浜に屹立する高さ10mもの巨岩・瓶子岩に海上安全や大漁を祈願して真新しいしめ縄をかけかえます。漁民総出で500キロものしめ縄をなえ、下帯ひとつの若い衆たちが祈りを込めてしめ縄をかけかえる模様は勇壮そのもの。江差音頭千人パレードや全道北前船競漕大会。島上では歌謡ショー、キャラクターショー、炉端焼きなど沢山の催で楽しめます。

厚沢部町

7月第2日曜

うずら温泉&
稲倉石まつり

イメージ

うずら温泉の水車公園がメイン会場です。祭りの前には、箱館戦争の戦没者への慰霊祭を行います。歌謡ショー、もちまき、クイズ大会などのイベントが行われます。

奥尻町

7月第3土曜・日曜

室津まつり

イメージ

島の南端にある室津島神社の祭祀で、青苗漁港特設会場で行われる大漁祈願祭。奥尻三大祭の一つです。室津島までの漁船パレードは圧巻です。その他、海産物のバーベキューや港内で行うボートこぎ大会、ボート早引き大会など海にちなんだ多彩な行事が開催されます。

乙部町

7月下旬

元和台マリン
フェスティバル

イメージ

元和台海浜公園「海のプール」を会場に、夏を満喫するイベントで、親子スイカ割り・ちびっこ縁日・ビーチフラッグ大会・もちまき等いろいろなプログラムが行われます。また、当日は、子どもたちを対象としたウニ・ツブ・ホタテの手づかみ体験も開催されます。

今金町

7月下旬

24時間キャンプ
ライブ140°

イメージ

プロバンドやアマチュアバンドによる24時間ぶっとおしのキャンプライブ。

バザーやジャンボお好み焼き、キャンプファイヤー等の催しも開催。今金町ならではの自然の中で、音楽三昧のキャンプを楽しめます。

森町

8月7日・8日

夏のまつり in もり

イメージ

御幸大通りを会場に、踊りとみこしで盛り上がります。町民総出の『オニウシソイヤ』の踊りや、『子どもふるさとワッショイまつり』、友好町静岡県森町の『まつり屋台』も登場し祭を盛り上げます。太鼓とみこしが会場狭しと練り歩き、祭は最高潮に。短い森町の夏の風物詩です。

江差町

8月9日・10日・11日

姥神大神宮渡御祭

イメージ

370余年の歴史がある北海道最古の祭りで、北海道遺産にも認定されています。その年のニシン漁を終え、蝦夷地きっての景気にわきかえる夏の江差で豊漁に感謝を込めてにぎにぎしく行われていた夏の大祭。神輿行列に、北海道の有形民族文化財に指定された神功山・松寳丸をはじめ、豪華な人形を擁した13台の山車(ヤマ)が供奉し、祇園囃子の調べにのって町内を練り歩く様は圧巻。絢爛豪華な夏祭りはいにしえの栄華を偲ばせます。

長万部町

8月10日

飯生神社例大祭
夜御輿行列

イメージ

町の鎮守様の例大祭に合わせて行われ、若者たちが担ぐ神輿行列が町内を練り歩き、長万部太鼓の力強い音が鳴り響く、エネルギッシュなお祭りです。

乙部町

8月14日

海のぷーるまつり

イメージ

元和台海浜公園海のプールを会場に、毎年元和台海浜公園出店組合主催で行われているイベントです。

海のプール「るーぷ橋」の下で、ビーチクイーンコンテストやカキ氷の早食大会、ウニ・ツブ・ホタテの手づかみ体験等が行われます。

今金町

8月14日

今金いいとこまつり

イメージ

今金の川、大地をはじめとした自然の恵みが堪能できる、今金町の夏の最大イベント。特産品販売、後志利別川を見立てた特設コーナーでの各種イベントやステージ上では趣向を凝らしたイベントが盛り沢山です。

木古内町

8月中旬

きこない
咸臨丸まつり

イメージ

木古内町サラキ岬に眠る歴史遺産「咸臨丸」をテーマにした観光文化の創造を目指して、町民一丸となって取り組まれるイベント。咸臨丸山車やオランダ花山車、華麗に舞う踊り手によるパレードやステージイベントなどが行われ、幼児からお年寄りまで楽しむことができます。

※イベントの日程及び内容につきましては、変更となる場合もございますので、あらかじめご了承願います。

↑ページのトップへ